タイムテーブルのhtmlを簡単に作成できます


タイムテーブルジェネレーター
timetable_gene_0_8

以前から作っている、タイムテーブルのhtmlを作成するwebアプリを完全リメイクしました。
iPhoneなどでも一応使えると思います。

簡単な操作で日付、時刻の追加、マークの変更などが出来、少々長いですがリアルタイムで生成されるコード(htmlとcssデータを両方)をそのままブログなどにはりつけるだけです。
↓このようなテーブルが表示されます。

10/30 10/31 11/1 11/2 11/3
14:00
19:00

「休演日」や「×」を含んだこのようなタイムテーブルも簡単に作れます。

11/1 11/2 11/3 11/4 11/5 11/6
13:00 ×
18:00
19:30


タイムテーブルジェネレーターはこちら

WordPressのwp_nav_menu()で<li>タグのみ出力したい

WordPressのテーマを作る際、wp_nav_menu()は便利ですが、
デフォルトだと<div>と<ul>タグが出て来てたまに邪魔になるときがあります。


$args = array(
           'container' => '',//<div>を出力しない
           'items_wrap' => '%3$s',//<ul>を出力しない
              );
wp_nav_menu($args);

こうすると<li>タグのみ出力されます。
ここで

'items_wrap' => ''

としても

'items_wrap' => false

でも<li>自体が表示されません。
<div>タグを消す方法はすぐ分かったのですが、<ul>がうまいこと消えなくて、
でもよくよく調べると英語版のcodexにもちゃんと書いてありました。にしてもやはり、ソースを良く読めば分かったことではありました。

これが使えれば、「外観>メニュー」の項目を複数組み合わせて細かく使い分けたり、
「外観>メニュー」で設定できない項目を並べたりも出来ますね。

こねじ「奥村さんのお茄子」に出演します

coneji_sengen_omoteconeji_sengen_ura
高野文子の漫画「奥村さんのお茄子」を原作とした、「こねじ」というユニットの公演です。
この「奥村さんのお茄子」は今回の作・演出の佐々木なふみさんの作品で、劇団 東京ネジのときからの再演です(内容少し変わってます)。僕は初演のときも同じ役をやりました。なので二度目の「奥村さん」役への挑戦です。

二人芝居・トリプルキャストの公演で、僕は、チャリT企画の内山奈々さんとの初共演でしかも二人芝居です。
この組み合わせの出演の回は
5月9日(木)19:00/10日(金)21:00/11日(土)17:00
の3ステージです。
見た目、日常っぽい、地味な話だけど、その見た目とは裏腹に、けっこうドラマチックな作品です。一本が45分程度と短いので、できれば3本観ていただくことをお勧めします。それぞれのバージョンが味わい深いです。もちろん、一回でも十分面白いと思います。

東京ネジ「きみどりさん」から、佐々木なふみ作品はこれで4回目ですが、役者としてはやっぱり、なんか地味にやりがいがあるのが嬉しいです。今回は再演でおおかた同じ台本ですが、まだまだ奥が深いです。
「奥村さんのお茄子」については、東京ネジ「散る散る満ちる その2」のときにここで思うところを書いています

こねじサイトはこちら
こりっちページはこちらです。

こねじ「奥村さんのお茄子」詳細

続きを読む こねじ「奥村さんのお茄子」に出演します

iPhone5 のホームボタン効かなくなったけどすぐなおった

まず結論から

結論から言うと、iPhone5のホームボタンがきかなくなって、アップルストアのジーニアスバーに持って行ったら、その場で修理してもらってすぐなおった。という話。

iPhone5 のホームボタンが使い始めてふた月ほどでまったく反応しなった

iPhone4のときは四ヶ月程で反応が悪くなり、しだいにすごく反応が悪くなった。そしてジーニアスバーに行ったらはい、交換ですってかんじだった。そして交換してもしばらく使うと結局ききが悪くなってしまった。
しかし今回のiPhone5での悪くなり方はまた違って、ふた月ほどで反応が悪くなったかなと思ったら、ほどなく全く使えない状態になった。どう押してもウンともスンとも言わなくなった。この状態はiPhone4のときはなかった。

早いとこ行くべきだったのにしのいでしまった

で、数ヶ月のあいだAssistiveTouchの機能でしのいでいました。この機能、慣れるとわりに使いやすいけど、画面上に常にボタンがあるのが邪魔だし、ボタンを動かさなきゃいけなかったり、たまに探すのがイライラするものでした。慣れたけど。
今思えば、そう遠くないんだからはやいとこジーニアスバーに行けばよかったのだけど、また交換かあ、とか、バックアップあるとはいえ、データいったん空になるから面倒だとか、何よりも、今回もすぐに悪くなったので、結局またダメになるんだったらなあ…という気持ちが強かったように思います。

重い腰を上げジーニアスバーに

ふと時間が空いたので、交換覚悟でジーニアスバーを予約して見てもらったらすぐに、
「ちょっと開けて修理してみます。これでなおるかどうか、一瞬待ってください。」
と言われた。うん、「一瞬」といっていたよ。これは治るんだろうなと思いました。実際、3分ほど(充分、一瞬の範囲内でしょう)で戻ってきて、「治りました。」とのこと。

念押しで質問してみた

わざわざここまで来たし、ついでに愚痴も聞いてほしかった僕は、
「これ、なんで壊れちゃうんですが?」とか
「また壊れたらまた持ってくればいいですかね?」とか
「iPhone4のときもなっちゃったんですよお」とかしつこく聞いたところ、
「シールがちょっとずれちゃってただけなんで、そんなに壊れることはないと思います。iPhone4とは構造が違うので」
というようなことを言われた。その口ぶりからして、(iPhone4ではまずかったけど)iPhone5のホームボタンはそうそう壊れないという自信があるようだった。
そんで安心して帰ったけど、考えてみると僕のiPhone5は初期不良みたいなもんだったってことか!ずれちゃってただけって何だ?そこも問いただせば良かった。なおったからまあいけど。

補足ですが、保証期間内だし、もちろん無償でした。