MacOS El Capitanで変換候補がフリーズ

変換候補のパネルのバグ

El Capitanではライブ変換など、キーボード入力周りの機能が色々変わりました。
それはそれとして、変換候補のパネルがフリーズしてしまって消えずに残ってしまうという現象がけっこう頻繁に発生するようになってしまいました。
早いところ直して欲しいですが、このバグが発生した時の復帰方法をメモしておきます。

↓こんな感じで、キー操作をしても、アプリを切り替えたりFinderを再起動しても最前面に出たまま消えなくなることがあります。

conversion_candidates_freeze

以下対処法です

アプリケーション>ユーティリティー>アクティビティモニタを開く

「日本語入力プログラム」を探してその行をダブルクリック
(「プロセス名」でソートすると捕まえやすいです)

activity_monitor

開いたウィンドウの「終了」をクリック

activity_monitor_selected

「このプロセスを終了してよろしいですか?」と出るので「終了」をクリック

activity_monitor_selected_popup

これで完了です。治っているはずです。

Did you like this? Share it:

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です