PhotoshopCS6がインストールできなくなってなんとか持ち直した

  1. AdobeCreativeCloudからPhotoshopCS6をインストール中にフリーズして強制再起動
  2. その後何度やってもインストール中にフリーズ
  3. セーフブート後再起動、システムキャッシュ削除、fsckやアクセス権修復しても変わらず
  4. セーフブート後再起動ではなく、セーフブートでのログイン状態(セーフモード)でインストール操作したらできた

という話です。何らかの原因でPhotoshopCS6インストール中にフリーズしてそれが治らない場合、セーフブートでのインストールで解決するかもしれません。

そのときの状態、けっこうごちゃごちゃ

環境は MacOS 10.7 MacBookPro 2.3G Corei5

IllustratorCS4、PhotoshopCS5.1を使いつつ、PhotoshopCS6 と IllustratorCS6 の体験版をダウンロードして使っていた。

AdobeCreativeCloud を申し込んで使えるようになったので、明らかに使わなくなりそうなAdobeCSアプリをいくつかAdobeCSのツールを使ってアンインストール。がIllustratorCS4、PhotoshopCS4あたりは念のため残してある(この辺が関係あるかどうかは分からない)。

そのときは、Chrome、Firefox、Evernote、mi、Netbeansなんかも起動していたと思う。

DropBoxやClipMenu、GoogleDriveなど細かいアプリも起動してます。SophosAnti-Virusもたぶん稼働してました。思えばこのあたりが原因だったのかも。

個人仕事だし、今回も含めて大きなトラブルになったことはないのでそのあたりの管理はけっこう雑にやっているという自覚はあります。もっとちゃんとやったほうがいいと思う。

体験版をアクティベート、ここがはじまり

その後さっそく、まずIllustratorCS6の起動後の、体験版の続行にとこに出るアクティベーションのボタンから、AdobeIDとパスを入れて完了。そりゃ問題ないだろうと思った。
その次に、PhotoshopCS6の体験版もアクティベートしようと思い、AdobeIDとパスを入力するんだけど、なぜかパスワードが違うと言われ、パスワード変更したり、何度やっても同じ。
しょうがないのでPhotoshopCS6体験版をアンインストールし、CreativeCloud経由で再インストールすることにした。

え〜、突然時間がなくなったので今日はここまでしか書けず、続きは後で書ければいいなあと思うんですが、解決法としては最初に書いたように、shift押しながら起動のセーフブートで起動、でログインした状態(セーフモード)でインストール操作したらすんなり出来ました。もし同様の状態で困っている人がいたら参考になればと思います。これで治らない場合もあると思います。

Did you like this? Share it:

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です