iPhone契約時にもらったfonルータが無線でつながりにくくなった

fonルーターにつながらない?

夏にiPhoneを契約したときにfonのルーターをもらってメインのルーターとして使っていたのだけど、有線LANで繋ぐのは問題なく、無線だとどうもたまにつながらないときがあって、パスワードを入れなおしてもなかなかつながらない。共有側のFON_FREE_INTERNETにつながってしまったりして困った。AirMacを切/入したりMacを再起動したりするとなおったりする。

MyPlaceはたくさんあるはず

解決するべく、前々から試してみようと思ってた単純なことをようやくやってみました。 単に、デフォルトのアクセスポイント名「MyPlace」を変更すればいいのではないか。と思ったわけです。

ちょっと考えてみれば分かったことなんですが、これだけiPhoneが普及してるってことは、fonルーターを使っている人も相当いるはずで(使ってない人も相当いると思うけど)、うちのすぐ近所にもいるんではないか。
つまりデフォルトの「MyPlace」という名前のアクセスポイントが複数存在している可能性が高い。残念ながらAirMacだとそれを区別してくれないみたい(ところがWinだと区別しているっぽい)。

以下、基本的にはMacでの解決の仕方です。

  1. 有線LANでfonルーターとつないで、インターネットにつながっていることを確認(つながれば無線でもOK)。
  2. システム環境設定>ネットワーク>Ethernetをクリックして(無線ならAirMac>詳細>TCP/IP)、ルーターアドレスを確認。たぶん「192.168.10.1」だとおもうけど、そのアドレスをブラウザに入力する。
  3. デフォルトパスワード「admin」でログイン
  4. プルダウンメニューで「WiFi」を選択
  5. SSIDを変更する。ついつい自分の名前とか部屋番号とかをいれたくなるけど、一文字変えるとか、こういうのはなるべく無個性なものにするのがいいと思う。
  6. プルダウンメニューから「システム」を選択して、ルーターを再起動。
  7. 無線LANで新しい名前のfonルーターに繋ぎなおす。もちろんパスワードは入れないといけません。無線で繋ぐときのパスワードはfonルーター本体裏側にうっすらと書いてある、WPAkeyです。
  8. 補足:もちろん、WinからでもiPhoneからでも同様の設定はできます。
  9. システム環境設定>ネットワーク>AirMac>詳細をクリックして、「ネットワーク名」の中から今回つけた名前を探し、ドラッグして一番上にもっていく(以前の名前である「MyPlace」は必要なかれば消したほうがいい)。これをしておかないと、「MyPlace」に優先的に接続してしまうかもしれない。

うちはこれで解決しました。名前を変えたら案の定、ほかに「MyPlace」というアクセスポイントが存在しました。もちろん、iPhoneなどのほかの無線LANの設定もなおしました。
「MyPlace」の名前を変更するのはiPhoneの使用にもメリットがあります。自宅で「MyPlace」で自動的につながるように設定すると、外出した時にもそこらじゅうに同じアクセスポイント名があるのでしょっちゅう「パスワードが違います」とか言われるから。

Did you like this? Share it:

「iPhone契約時にもらったfonルータが無線でつながりにくくなった」への1件のフィードバック

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です